納豆

3月 24

栄養満点! 納豆は日本が誇るスーパーフード

古来より日本で食べられている納豆は、私たちの体に必要な栄養がバランスよく含まれた健康食です。具体的には、細胞の成長や再生を促すビタミンB群、新陳代謝や老化防止の効果が期待できるポリアミン、腸内環境を整える食物繊維、骨の健康に不可欠なカルシウムのほか、女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボン、肌荒れの改善に役立つ納豆に含まれる大豆レシチンなど、女性に嬉しい栄養素も!

さらに、注目すべきは「ナットウキナーゼ」。名前からも分かるように、納豆から発見されたたんぱく質分解酵素で、納豆にしか含まれない特別な栄養素です。あの独特のネバネバ(納豆の糸)に含まれているナットウキナーゼには、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓を予防する効果があるそう。普段の食事で病気が防げるなら、毎日でも食べたくなっちゃいますよね!

でも、食べ方次第では、その効果が得られないことがあるみたいなんです……。

実は熱に弱い納豆キナーゼ

なんと、ナットウキナーゼは熱に弱く、水分が多い状態では高温(50℃以上)になると活性が急激に低下してしまうのです。血液をサラサラにしたり血圧を下げたりという働きをするのは、あくまでも常温で食べた時の話。健康効果を考えて納豆を食べる場合は、加熱調理は控えたほうが良いかもしれません。

ちなみに、アツアツのごはんは50℃もない場合がほとんどなので、納豆ごはんはセーフ! あぁ、よかった……。

簡単なちょい足しで納豆の力を2倍、3倍に!

「発酵食品(キムチ、塩辛、豆板醤、塩麹など)と一緒に食べると、相乗効果により腸内環境を整えてくれます。また、血行促進効果が期待できるマグロ、ゴマ、シソなどをプラスすれば、血行促進やコレステロール低下などの期待値がさらにアップ! 生姜、梅干し、ニンニク、ネギ、玉ねぎなどを合わせれば、納豆のビタミンB1の吸収を高め、疲労回復に効果が期待できますよ」

「納豆は、食べる時間帯によっても期待できる効果が変わってくるんです。朝食べればタンパク質が熱を体内で作り、代謝アップ、冷え性予防などが期待できます。逆に、夜食べるとタンパク質が寝ている時の成長ホルモンの材料となり、美肌を作るサポートをします。また、血行促進の効果を期待するのであれば、血栓は朝方できやすいため、夜に食べるのがオススメです。

ちなみに、納豆は混ぜるとアミノ酸が増し、旨味がアップします。タレを入れてから混ぜると粘りがあまり出ないのですが、大豆本来の旨味を味わうことができるんですよ

いくら体にいいと言っても、偏った食材の食べ過ぎは禁物。バランスの取れた食事に納豆をプラスすることで健康的な体づくりを!